keyvisual01 keyvisual02 keyvisual02

Consept

 ダイヤモンド。それは自然が生み出した奇跡。

 何十億年の長い年月をかけ、地球の中でひとつの結晶(原石)ができあがります。
美しく輝く神秘的な光は、永遠の象徴です。


 ダイヤモンドの原石は、正八面体の形をしています。
その原石をカットしてくとき、図のようにふたつのダイヤモンドが生まれることがあります。


 TwinsCupidは双子のように誕生した奇跡のダイヤモンドを、ふたりのリングにセッティングしました。
さらに、ダイヤモンドの表裏に浮かぶハートとアロー(矢)の輝きは、まるでふたりの永遠の絆を天使が見守っているよう。


 何十億年も一緒だったダイヤモンドをふたりの絆の証として分かち合い、永遠の幸せをつないでいく“永遠の絆リング"です。

 ダイヤモンドの品質は4つの“C"によって評価をつけられています。 この4つの評価が良ければ良いほど、稀少で価値が高くなります。

 その中でも評価に多大な影響を及ぼすカットが特に優れているダイヤモンドには、そのカッティングの中に8つのハートとアロー(矢)を見つけることができます。
この“ハート&アロー"のあるダイヤモンドを、ハート&キューピッド ダイヤモンドと呼びます。

TwinsCupidは双子ダイヤの中でも、このハート&キューピッドダイヤモンドのみを使っています。

 エンゲージリングって必要なの?マリッジリングだけでいいんじゃないの? カップルの方々から、そんな声をちらほら聞くことがあります。

 結婚したふたりの愛の誓いの象徴、マリッジリング(結婚指輪)に対して、エンゲージリング(婚約指輪)は、男性からの求婚を受け入れた印として女性がつけるものとされていますが、マリッジリングの上からエンゲージリングを重ねづけすることで、その愛を永遠にロックするという意味があるのです。

 TwinsCupidでは、マリッジリングとエンゲージリングの重ねづけを楽しめるセットリングを多数そろえております。
永遠の絆をより固いものにする。。。そんな気持ちで身につけるのも素敵ですよね!